スポンサーリンク
Food

ポーランドの夏の味覚 Jagodzianka

夏に出回るJogoda(ビルベリー)がたっぷり入ったパンJogodzianka。私は毎年シーズン中にたくさん作って冷凍保存しておくのだが、今年はちょっとレシピを変えてみた。結構手間がかかるのでJogodaを買う時は「Jogodziankaを作るんだー」と触れ回ってモチベーションアップ。
Start Up

ポテンシャルは高い?ポーランドのスタートアップエコシステム

ポーランドのスタートアップエコシステムはしっかり形成されてるのか? Yesであり、Noでもある。仕組みとしてはそれなりに出来あがっているのではないかと思うが、そこで流通している情報がスモールビジネス向けが主流になっている気がする。
Life

ベラルーシのオリンピック選手がポーランドに亡命!

ベラルーシのオリンピック選手がポーランドに亡命したというニュースが注目を集めている。日本ではなじみのない国だが、反政府派が弾圧を受けているという報道はポーランドではよく知られている。2018年にベラルースの首都ミンスクを訪れた時は今のような状況は想像できなかったのだが…
Polish Cosme

ナチュラルコスメ レビュー ミネラルファンデ比較

ポーランドのナチュラルコスメ・ブランドのミネラルファンデの使用感を比較。日本に住んでいた時はアメリカやカナダなどのブランドの製品を購入していたが、ポーランド製品もなかなか良い。日本で購入できるブランドもある。
Life

ワクチン接種2回目。ワクチンパスポート獲得&副反応で発熱。

コロナワクチン接種2回目。接種は非常にスムーズで会場到着から帰途につくまで約20分。ポーランドはすでに「EU Digital COVID Certificate」も導入済みなのでそれも受け取った。接種翌日は夏バテかと思っていたら37.7度の発熱。副反応のようだ。
空飛ぶレシピ

ポーランド料理 レシピ:Chłodnik(フゥォドニク)

ポーランドの夏の定番料理、Chłodnik(フゥォドニク)のレシピ。ビーツのゆで汁でピンク色に仕上げてあり、味わいは”ヨーグルト風味の飲むサラダ”といったところ。
Life

実際にワクチン接種を受けてみた。ドキドキの1回目。

海外で受けるコロナワクチン接種1回目。痛くないか、待たされないか、言葉通じるのか、副反応はつらくないかなどなど、不安になる材料いっぱいでかなり緊張していたが、接種会場到着から注射まで10分足らずで完了。現地スタッフは親切で注射は痛くなく、副反応もほとんど出なかった。🙂
Life

意外と簡単。ヨーロッパのコロナワクチン接種事情

ポーランドではコロナワクチン接種はそれなりに進んでいる。高齢者の接種率が低い半面、5月10日以降は18歳以上なら接種可能に。PESELというマイナンバーのような番号を取得していれば予約は超簡単。予約システムの簡便さと若年層にもオープンにしていることからドイツ在住のポーランド人の中には「ワクチン帰省」をする人も増加中らしい。
Life

コロナ禍2回目のイースター。街は意外と活況。

コロナ禍の中で迎えた2回目のイースター。最初にロックダウン施行となった時から日が浅く緊迫感のあった昨年から比べると、今年は街は結構な賑わいを見せていた。直前に規制がやや強化されたのであるが…
空飛ぶレシピ

ポーランド料理 レシピ:イースターのお菓子 Mazurek(マズレク)

ポーランドのイースター菓子・Mazurek。トラディショナルなものから私のオリジナルまで3種のレシピを紹介。日本でも手に入りやすい材料で比較的簡単に作ることができる。しっかりデコレーションすればインスタ映えもバッチリ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました