イースターのお菓子 Mazurekのレシピ

空飛ぶレシピ

Mazurek(マズレク)はイースターに食べられるお菓子の一つ。ケシの実のケーキMakowiecなどは年中、店頭に並んでいるが、Mazurekはイースターのシーズンにしか見ることができない。
ポーランドに拠点を移すと決めた時、4月を選んだのはMazurekを食べてみたかったというのも大きな理由。よく考えたら、永住するなら翌年以降も機会はあるので、あまりこだわる必要はなかったのだが…

左側のチョコレートクリームのMazurekは友人のママ作

ポーランド料理は日本では材料が手に入りにくかったり、手間がかかるものも多いが、Mazurekは日本でも作りやすい。ショートブレッドのような生地にミルクジャムやチョコレートクリームなどを詰めて飾りつけするだけ。初めて作っても失敗はしにくいと思う。

Mazurekの生地

<材料>
小麦粉 220g
片栗粉 60g
砂糖  50g
バター 150g
全卵  1個

<作り方>
①粉類と砂糖をよく混ぜ合わせておく。
②ダイス状にカットしたバターを①に入れ、
バターを指先でつまむようにしながら小麦粉となじませる
*バターはよく冷やしておくこと
③ ②に卵を加えて手早くこねる(練りすぎないこと)
生地が固すぎる場合はサワークリームかプレーンヨーグルトを加えて調整。
④ ラップで包み冷蔵庫で1時間以上ねかせる。
⑤ ねかせた生地を打ち粉をした台で薄く伸ばし、好きな大きさにカットする。
⑥余った生地は細いひも状に伸ばしてより合わせ、土台の生地のふち飾りにする。
⑦生地にフォークでパンチングをして180℃のオーブンで20~25分焼く。

焼型に入れて焼いた方が形はきれいに仕上がるが、”焼型無し”なら好きなサイズに作ることができる。
ポーランド人の友人によると、編み込みのふち飾りがあると”Mazurekっぽさ”が増すという。

フィリング

Mazurek Kajmakowy
オーソドックスなMazurek。Kajmak(カイマク)は日本ではミルクジャム、ドルセ・デ・レチェなどと呼ばれている。作るのが面倒ならば市販のものを利用するという方法もあり。ポーランドでは缶詰のKajmakがスーパーなどで1年中売られている。

<Kajmakの材料>
牛乳 250cc
砂糖 100g

<作り方>
牛乳に砂糖を入れて火にかけ、中火でドロッとするまで煮詰める(40分程度)
砂糖は、三温糖、きび砂糖、パーム・シュガーなどをブレンドしてもよい。
今回は仕上げにカラメルソースを加えて風味をプラスしている。

緑茶入りのKajmakは基本の材料に緑茶パウダーを加えるだけ。冷たい牛乳に入れるとダマになりやすいので、なまぬるいくらいに温まってから入れる。緑茶の量はお好みで。今回はアーモンドとのコントラストをつけたかったので緑色がはっきり出るように少し多めに入れている。

<仕上げ>
焼いて冷ました生地にKajmakを流し入れる。Kajmakを流す前の生地にジャムを少量塗ったり、ナッツを敷いてもよい。

出来たてのKajmakは少し冷ましてから、作り置いたKajmakを使う場合は少し温めてから流しいれると表面が滑らかに仕上がる。Kajmakが冷めたらナッツやドライフルーツでデコレーションする。

デコレーションのポイント
皮をむいたアーモンドを花びらのようにセッティングし、まわりにドライフルーツを散らす。カラメルソースを加えているのでKajmakの色は濃いめ。

緑茶入りのKajmakは私のオリジナル。ちょっぴり和のテイストを加えてみた。↓

デコレーションのポイント
ローストしたアーモンドスライスを、ふちに沿って1枚1枚丁寧に並べる。アーモンドで花を作ったら、空いているスペースにチョコでアクセントを。仕上げにピンクのチョコを薄く削ったものを散らす。
*Kajmakが冷めていないとチョコが溶けるので要注意。

Mazurek Różany
ピンク色がキュートなMazurek

<ローズガナッシュの材料>
ホワイトチョコレート 80g
生クリーム 大さじ2
ビーツのゆで汁 小さじ1
ローズジャム  小さじ2
(あれば)ローズウオーターかローズシロップ 小さじ1

*ホワイトチョコは香料が控えめなものがベター
*ローズジャムはブランドなどによって甘さや香りが違うので量は調整を
*ビーツのゆで汁はピンク色にするため。フードカラーで代用も可。

<作り方>
ホワイトチョコレートは細かく刻み、生クリームとともに器に入れ湯煎にかける。チョコが溶けたらローズジャム、ローズウオーター、ビーツのゆで汁を加えて混ぜる。

<仕上げ>焼いて冷ました生地にローズジャム(分量外)を塗り、ローズガナッシュを流し入れる。固まる前にローストしたスライスアーモンドを散らす(あればバラの花びらも)。

タイトルとURLをコピーしました