ナチュラルコスメレビュー:La-leのハイドロゾルとボディバター

Polish Cosme

9月のEkocudaで購入したLa-lehydrolat z malin(ラズベリーのハイドロゾル)とFrojoMasło do ciała marchewka-mandarynka-wanilia(キャロット・マンダリン・バニラフレーバーのボディバター)。価格はどちらも 25zl(メーカーサイト)。

La-le はイベントによく出店しているブランドで、ナチュラルコスメ好きにはまあまあ知られているブランド。フェイス、ヘア、ボディなどアイテム数も多い。以前から知ってはいたが購入するのは今回が初めて。
Frojoは最近ラインナップに加わったLa-leの姉妹ブランド。野菜とフルーツから抽出された成分を配合しているのが特徴。

使用感はというと
かなりGood。2つともやや甘めだがよい香りが持続する。
香りのブランドというとYOPEを思い浮かべるが、香りの持続性ではLa-leの方が上かも。

ラズベリーのハイドロゾルはベリー系というよりはバニラ系の甘い香りが長く続く。化粧水でここまでしっかり香るのは珍しい。ただ、ハイドロゾル(芳香蒸留水)だから仕方ないのだろうが、かなりさっぱりした使用感。夏にはよいかもしれないが、秋冬にはもう少し潤いがほしいところ。特にそれまで使っていたUzdroviscoのトニックがしっかり潤うタイプだったのでもの足りない感あり。自分でヒアルロン酸とかグリセリンとか足してみるか?

ボディバターの方は「サイズ小さめ?すぐなくなりそう?」と思っていたが、少量でよく伸び、ちゃんと潤うのでコスパは悪くない。しかも肌につけるとすぅっと吸収されてベタベタ感が残らない。重すぎず、軽すぎず、好みの使用感。

そしてこちらも香りが長く続く。色味がオレンジ寄りのイエローなのでマンゴーの香りかと思っていたら、よくよく商品名を見ると「キャロット・オレンジ・バニラ」のようだ。トップノートはフルーツ系の香りが立っているが、しばらくするとバニラの香りがメインに。私はあまり甘めの香りは好きではないのだが、これは甘い中にも清涼感を感じる。お風呂あがりにつけると香りを纏う感じでうっとり。
今まで使ったボディローション、ボディバターのなかでもっとも点数高いかも。
実はあまり期待していなかったのだが、かなりいい。
難点はというと、ボディバターはこれ一つしかないというところ。香りのバリエーションがもう2、3種類あるとよいのだが。まだ新しいブランドなので、これからラインナップが増えていくことに期待したい。

タイトルとURLをコピーしました