Michasia(ミハシヤ)

スポンサーリンク
コロナショック

コロナ抗体検査が夏のバーゲン?

ロックダウン当初はPCR検査数を抑えてきたポーランドだが、いつの間にか検査体制は拡充されていたようだ。民間の医療機関ではPCR検査と各国語の診断書付きのパックも販売。抗体検査はサマーバーゲン中なのか、お手頃価格になっている
コロナショック

コロナビジネス?コロナ感染状況 丸わかりサイト発見

ポーランドのCOVID-19に関する様々なデータが掲載されているサイトを発見した。公的機関のものかと思ったがアドセンスが貼ってあり、けっこう稼いでいるのではないかと思われる。どうもこれは商魂たくましい「コロナビジネス」のようだ。
money・ 経済

アメリカやドイツも巻き込んだ? 
2020年大統領選 in Poland

2020年はポーランドでも大統領選の年だ。5年に一度の選挙は当初は5月10日に予定されていたが、コロナの影響で第1回投票は6月28日に延期され、決選投票は7月12日に実施。日本では全く注目されていないようだが、EUはもとよりアメリカも関心を寄せている。
コロナショック

街の緩和ムードとは対照的な移民局のコロナ警戒態勢

ロックダウンの緩和も進み、街はすっかりのんびりムード。しかしまだ厳しい警戒態勢をとっている場所もある。移民局とアジア街ではひとり一人に体温チェックを実施していた。外国人が集まる場所というのはリスクが高いのか??
コロナショック

コロナモラトリアムの終焉

6月に入ってもなおCOVD-19の感染者数がピークを迎えていないのは、EU圏ではポーランドとスウェーデンだけらしいが、街は緩和ムード一色。大丈夫なのか??
コロナショック

コロナ・バナナ・バナナブレッド

ロックダウン中もポーランドではモノは比較的豊富にあった。ポーランド最大のスーパーマーケットチェーンBiedronkaでは太っ腹なバナナ・キャンペーンをやっていた。コロナの影響で余剰在庫でも抱えたのだろうか??などと考えつつバナナブレッドを作ってみる。
コロナショック

コロナショックを振り返る。ロックダウンと大統領選

ポーランドは感染者数がまだ少ないうちにロックダウンに踏み切った。規制もわりと厳しかったと思う。しかし成果は今ひとつ。5月10日に5年に一度の大統領選が予定されていたことも、ポーランドのロックダウンポリシーに影響していたのではないかと思われる。
Poland Life

ワルシャワゲットー蜂起

4月19日はワルシャワ・ゲットー蜂起の記念日。この日のシンボルともいえる水仙が咲く通りを歩きながら、この街に住み始めてからのことを振り返る。
Daily life

ロックダウンでもイースター

ポーランドではイースターは重要な年中行事の一つ。ロックダウン中ではあるがポーランドのイースターに欠かせないŚwięconka(イースターバスケット)、Żurekを作ってみた。しかし、ビミョーな間違いに気づく。
English Recipe

Fluffy Babka Ze Szpinakiem i pistacjami

If you want to make unique Babka, try this! It's Veggie Cake, fluffy and oil reduced. Definitely healthy! If you like tasty cake but mind calorie, this is perfect :)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました