外国語仕様のパソコンを日本語化

ショッピング

海外に暮らしていて「できれば日本で買いたい」と思うものとの一つがパソコンだ。
やはりメインで使うのは日本語なので、日本語キーボードの方が慣れているし使いやすい。

しかし…
サブで使用していたパソコンが壊れた。
もともと調子がよくなかったのだが、とうとうアダプターを認識しなくなった。
新しいアダプターに変えてみたが、やはりダメ。アダプターではなくパソコン側の問題らしい。
気軽に持ち運びできる大きさのパソコンはやはり必要だよなぁ、
次に日本に行くのはいつになるかわからないし、そこまで待てないよなぁ。

ということでポーランドで購入。
予算がないので、ネットで検索し状態のよさげな中古を購入。
正確にいうと展示品オチ。目立った傷はなく、言われなければ新品に見える程度にきれいではある。
送料込みで569ズロチ。販売店の2年保証付き。

ちなみにこのパソコン、Techbiteというブランドの製品。
これは、安価スマホのMyPhoneや、HAMMERといったブランドを展開するmPTechというポーランドの会社が展開するブランド。

当然ながらポーランド語バージョンなので、これを日本語化する必要がある。

初期画面はポーランド語。
英語よりハードル高し。
「język」が「言語」くらいはわかるが、見慣れぬ単語のオンパレード。。。

メインのPCで日本語の設定画面を見ながら
アイコンなどを頼りに操作を進めていくことに。
(作業途中で画像を保存しておけばよかったのだが、そこまで手が回らず。。。)

Windows 10の設定画面から「時刻と言語(のポーランド語表記)」を開き
「地域」設定を日本に「言語」を日本語に変更。
日本語パックをインストール。
デフォルトを日本語にして再起動

部分的に日本語になっているものの、システム画面はポーランド語のまま。。。

もう一度「時刻と言語」を開き
「管理用の言語の設定」→「管理」→「設定のコピー」をクリック
ようこそ画面と新しいユーザーの表示言語がポーランド語のままだったので
現在の設定のコピー先にチェックを入れてOKをクリック。
システムロケールも日本語に変更して再起動。

これですべて日本語化されると思いきや…
設定画面がまだポーランド語😑

Windows Updateが最新でないと、このような状態になることがあるらしいので
手動で更新をかける。

更新が完了し、再起動すると
ほぼ日本語に。

ほぼ、というのはログインパスワードを入力後の
「ようこそ」の表記が「zapraszamy」のままなのである。
さらに、スタート画面にも少しポーランド語が混じる。
しかし不便を感じるほどではないので、とりあえずこのまま。

実は、注文した後に別件で予定外の出費が発生したため、このパソコンは返品して、とりあえず古い重いパソコンをメンテして使うということもちょっと迷っていた。
ポーランドでは14日以内なら理由を問わず返品可能。多くの場合、返品送料も無料。
しかし、ここまで設定してしまうと自分のデータが残ってしまう。
今回は「日本語環境で使えるか」というのが大きなポイントだったので、設定してみる必要があったので仕方ないところではあるが。。。
初期化すればよいのだろうが、その場合、ポーランド語バージョンで初期化すべき?
なんか面倒くさそうだ。。。

そんなこんなで迷っているうちに14日が過ぎる。ということで、キープ決定。

キーボードに関しては、ポーランドではQWERTY配列がメイン。
記号の配列は異なるものの、アルファベットの配列に関しては日本語キーボードと同じなので、普段からローマ字入力をしているのであまり違和感はない。

ネットで安価PCを検索すると、ドイツのブランドのパソコンをよく見かける。
これはQWERTZ配列で、YとZの位置が日本語キーボードとは違う。
キーボード設定は変更できるとはいえ、シールでも貼っておかないと入力時に混乱しそうだ。
そういうちょっとしたことが面倒なので、ドイツブランドのものも候補に挙げてはいたが、結局ポーランドブランドのものをチョイス。

さて今回、予算をあまりかけたくなかったのは
ビンボーなこともあるが、海外製PCを使うのが初めてだったので、ストレスをそんなに感じずに使えるのかどうか試してみたかったからである。

普段からローマ字入力で使っているならば、英語キーボードもそんなに違和感はないと聞いたことはあったが、このあたりは実際に使ってみないと何とも言えない。

で、使ってみた感じはというと
キー配置などをいくつかカスタマイズしたほうがよさげなことはあるが、思ったより違和感なし。
これなら無理して日本で買う必要はないかも?
当然ながらポーランド仕様なので、日本製のように変換プラグを使う必要がないのもマル。
次回パソコンを買い替える時は迷いそうだ。

タイトルとURLをコピーしました